古道具屋店主のブログ

古道具・リサイクルの店「ガレージランド ハープス」店主でハーモニカ吹きが綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大変良くできました!

ここ数日間、お客さんから見れば一生懸命真面目に仕事しているように見えたであろう店主は、実は私物のこんな物を作っていた。

case

注文してから一年ちょっと待って、やっとフランスから届いた楽器のケース。
この楽器の名は
accordina(アコーディナ)

accordina


ボタン式のアコーディオンの蛇腹を取って、息で音を出すような楽器。
簡単に言うと高級な鍵盤ハーモニカみたいなもの。ちょっと違うが・・・。
珍しい楽器なので専用ケースなんか売ってない。
だから作ってみたら、これがなんとも上手に出来て!
来る人来る人に楽器とケースを自慢する厭なやつになってしまった。
でも、ほんとに上手に出来たんだから。

あとは楽器を練習するだけさ!
スポンサーサイト
  1. 2008/05/11(日) 15:09:21|
  2. 楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チープな楽器たち

楽器


タンバリン、トライアングル、鈴、シンバル。

さぁさ、叩いて、叩いて、鳴らして、鳴らして!

どれもとってもチープな楽器たち。
おそらく幼稚園かどこかで使われてた楽器たち。

シャンシャン、チン、シャン、バシャバシャ、チーン!

これらの楽器はハープスによく似合う。と、思う。

***

何故か昔から楽器というものが好きで、音はもちろんだけど、その形とかメカとか艶とか重さとか。
音を生み出すため、あるいは演奏しやすくするために”こうなった”という、ある意味そこに収束していった何かが好きなのかもしれない。
生物の進化と同じ様に、淘汰されていった楽器もたくさんあるんだろう。進化を遂げている楽器も。突然変異の様に生み出される楽器も・・・。

***

重厚で繊細な楽器も好きだけど、こんな風にただただ手にとってかき鳴らして、音と感触を楽しむ楽器もいい。

お客さんの中にも、この楽器に反応する人は多くて、店の片隅からジャラジャラとした音が聞こえてくることがある。
そんな時は少し嬉しい。
思わず、声をかけたくなる。

「ささ、そんなところにいないで、こっちに来て一緒に演りませんか?」
  1. 2006/09/13(水) 13:59:16|
  2. 楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。