古道具屋店主のブログ

古道具・リサイクルの店「ガレージランド ハープス」店主でハーモニカ吹きが綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハーモニカのマイク

SONYの「F-3B」という、古くてカッコいい無線用のマイクをずいぶん前に入手していた。
勿論、ハーモニカのマイクとして使用するために。
入試した当初、音を軽く出してみて、これ、いいんじゃない?と思ったままいつものように数年間も放置されていたのだった。

で、先日ハーモニカ心の大師匠「西村ヒロ」さんにご来店頂いたときに話の流れで引っ張り出してきて、このように日の目をみることになった。

そこで今回、ボリュームを取り付け、実用レベルまでレストアすることに相成りました。

まずは分解、そして、その辺に転がっていた小さめのボリューム(ポット)を適当に仮配線、勿論、抵抗値も適当。
全く自信なし。

ところが!

おお!ボリュームが効く

と言うことで、スペース取り。
これがまた、本体がちっちゃいので、ほんとに入るのかな?
トランスもキツキツだし。

mic


でも、この顔!
カッコいい!
何とかしたい!

mic-02.jpg


あれこれと考えを巡らせながらいじり回し、ボリュームつまみを取り付けるために、あれこれとボディーをグラインダーやヤスリを使ってスペース作り。

mic-05.jpg

mic-04.jpg

ホントは、コネクタ付けてケーブル脱着式にしたかったのだけど、どう考えても、スペース的にキツイ。
しょうがないので、スプリングを取り付け、直接ケーブルが出るタイプに。

mic-06.jpg


mic-07.jpg

なんとか、形になった!

mic-08.jpg


mic-10.jpg


こんな感じで、完成!
ご欄のとおり、少しこぶりです。
持った感じは「SHURE 520DX」に慣れてしまっていたのか、ちょっと滑るかな。
音は今までメインで使ってた「SHURE 520DX」よりも歪にくく、使い易いかも。

今度、ブルースセッションにでも持っていって、使ってみよう!!

感想は後ほど!

でも、出来て、嬉しい!!

スポンサーサイト
  1. 2010/05/18(火) 11:08:38|
  2. harp
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gharps.blog64.fc2.com/tb.php/58-3bbb29cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。